引出物選びのマナーをチェック!基礎的なポイントを押さえる

Menu

香典のお返しのマナー

香典返し

時期や金額の特徴について

香典返しは、葬儀において頂いた香典のお礼という形で、遺族がお返しすることを意味します。そして、香典返しはいつ、どういったものをお返しすればよいかという特徴について理解することが重要になります。一般的に考えて忌明けの後に実施します。忌明けに関しては仏式では四十九日の法要の後、神式は五十日祭を終了した後になると考えられます。 会社組織並びに取引先などより個人名で香典を受けた場合、通常と同じ様にお返しすることになります。同僚より連名で香典をいただいた場合、忌引き明けにおいて出勤する際に、お菓子をお返しすると良いでしょう。 さらに近年は、四十九日を待たないで葬儀もしくは通夜の当日に行う当日返しも多くなっています。基本的には忌明け当日より1か月内を基準にして実行します。香典返しの品は、挨拶状を添え、通夜もしくは葬儀に参列頂いたことや香典を頂いたことへのお礼を伝達し、さらに何の問題もなく四十九日法要を終了したことを報告することになります。仮に1カ月を超えた場合は、遅れたお詫びの文を追記すると賢明といえます。香典返しの額に関しては、一般的に考えて半返しといわれていて、受け取った香典の2分の1〜3分の1が基準となります。適した品は、不祝儀のお返しですから、後に残さないもの がよいとされています。 お茶やお菓子、のりなどの食べ物のほか、タオルや石けん、さらに食器など多種多様な品がありますので、慎重に選びましょう。

Copyright© 2018 引出物選びのマナーをチェック!基礎的なポイントを押さえる All Rights Reserved.